風邪に似た症状は副作用?

風邪に似た症状は副作用?

カマグラゴールドを服用すると、頭痛やほてりの症状が現れる場合があります。
他にも、動悸・めまい・胃の消化不良などが言われています。

風邪の初期症状にも似ていて軽度な副作用ばかりです。
カマグラゴールドを服用して副作用がでてしまう原因には、血管拡張作用が関係しています。
男性器の血管を拡げて膨張できる準備を整える際に、脳内の血管も拡張するため神経が刺激され起こります。
個人差はあるので、必ず起こるわけではないので安心してください。
副作用は効果が発現した証拠でもるので、前向きに考えましょう。

かなりレアなケースではありますが、持続勃起(プリアピズム)と呼ばれる症状があります。
痛みを伴う勃起が4時間以上続くと、6時間後にはペニスの組織が壊死していくので、すぐに病院を受診してください。
痛みがない場合は緊急性がないので、様子をみて判断しましょう。

副作用はグレープフルーツとの併用で増強させるリスクがあります。
グレープフルーツにはフラノクマリンという成分が含まれているため、血中濃度を上げます。
カマグラゴールドの成分が長く体内に残るため、副作用や血圧を著しく下げる危険性も。
効果が長時間に続くわけではないので、悪い相互作用が発症されます。
グレープフルーツ以外にも、ミカン・ブンタン・スウィーティー・ハッサクなども作用の増強が考えられます。
不安な方は、カマグラゴールドを服用に果実の摂取を控えておきましょう。

副作用を起こりにくくするには、自分に合った適度な用量のチェックも必要です。
用量が多すぎると頭痛をひどく感じたり、動悸を引き起こしたりします。
はじめての方は、低用量25mg・50mgで服用してください。